***** Studio-ie ORIGINALの器 *****

2006.9
そら豆盛り皿
一緒にしているおばさま方に
”ハートなんて若いわね~~”
なんていわれましたが
”そらまめなんですよ〜〜”
というと、”なかなかいいわね”
と言われました。
おばさまがたよりは若いけど
けっこういっています(^_^;)

小萩釉 やや還元ぽい?


最近はいつも面取りで
高台を作っています。

藁灰釉 薄め


面取りをしていて穴が開いた部分に
片口をつけています(^_^;)

藁灰釉 薄め


豆皿
醤油やちょっとしたお漬物など

藁灰釉


粉引き
しのぎのフリーカップ
お湯飲みとしては大きいので
がぶ飲みコーヒーに


粉引き
今まで出一番綺麗で上手く出来た
形も色もいい感じ♪

上野焼にて

相変わらず湯飲みの練習です(^^ゞ
かいらぎ、いいな〜〜〜。
上野焼にて、、、
こんな感じの湯飲みが大好きです。
コロンと丸くて少しちっちゃめ。
茶たくは大きめで!!
5月出来上がり分です。
片口に、ミルクピッチャーに、、
いろいろ作ることができて
大満足!!
次回作からは少し大きめに
チャレンジです。
釉薬の特徴も分かったので
いろいろ作ることができそう。
釉薬をかけて一度ふき取った部分の
感じが良かったので
次回は外側全面ふき取って
みようと思いました。
内側にうっすらと白化粧をかけ透明釉薬をかけています。
白化粧は生がけです。
全体に白化粧をかけ、ふちと外側は
手で模様のように一部ふき取りました。
ちょっとたわみがお気に入り!
皿の釉薬のかかっていない
部分の釉薬のたれが効果的でした。
次回も何枚かこの方法でと
思いました。
ろくろ成形後1週間乾燥させて
高台を削ったのちに片口を
つけました。片口をくっつけた
指痕はわざと残して手作り感を、、、
その後素焼きをして
飴釉を全体にかけています。
マットな感じが良かったです。
皿のほうは2種類の釉薬を
かけています。
四角のお皿に白化粧を施したら
乾燥途中で割れたのですが
そのま乾燥させ透明釉をかけて
焼いてみました。
書き落としのように模様をつけています。